知っておくとためになる 足立区の遺品整理についての基礎知識

2020/08/25 ブログ
logo

遺品整理は、業者依頼の方が負担も少なくスムーズに作業を進めていくことができます。どう作業を進めて良いか分からない事も、プロは手順も把握しており安心です。今回は、特に足立区の方々に向けた、実際に遺品整理を行う際に、知っておきたいポイントをお伝えします。参考にしながら円滑に作業を進めていく手助けができればと思います。

足立区の遺品整理状況について

・23区の中で孤独死率が葛飾区に次いで高い

現代では、高齢者の一人暮らしの割合も増加しており、今や高齢者世帯数は全体の約半分となっていることを知っていますか?高齢者の一人暮らしの増加は構造的で、足立区では一人暮らし予備軍も多いことが挙げられます。少子化により独居高齢者が増え、地域コミュニティーが消失した現代は、孤独死が増える原因にもなっています。行政もこのような状況を必ずしもカバーすることができておらず、高齢社会と言うのは、亡くなる人間が多くなる社会でもあると言えます。死者数が増えることは、どのように亡くなったかにも注目が集まりますが、足立区では孤独死が多く挙げられています。

 

・一人暮らし世帯も多い

昔は、子・父母・祖父母と三世帯同居が一般的でしたが、現在は子供達が家を出ることが普通になり、残るのは親だけの家庭は多いです。熟年離婚や死別などで一人暮らしになったり、子供は離れて暮らす状況の中で誰にも気付かれず孤独死になったり、色々なケースが挙げられます。

 

・社会とのつながりが不足しがち

足立区で一人暮らしをしていても、人とのコミュニケーション、町内会の集まり、通院など、定期的な社会との繋がりがあれば、自宅で不慮が起こった際も気付いてくれることはあります。しかし、社会との繋がり不足では、誰にも気付かれること無く孤独死になってしまうことがあります。

 

・年々高齢者が増えている

近年の足立区では、孤独死の高齢者が増えています。年齢と共に体調不良も生じやすくなるので、中々健康体でいられる高齢者は少ないものです。そのため、普段は元気そうに見えてもちょっとしたことがきっかけで死に至ることもあるのです。

 

・貧困問題もある

富める高齢者であれば、高度医療を受けて健康維持できますが、貧困に喘ぐ高齢者は病院にも行くことができない方もいます。持病と痛みを抱えながら生活を送っているので、突然、症状悪化で孤独死してしまうケースも見受けられます。

遺品整理を行う最適な時期について

法要時期に合わせる

四十九日・新盆・一周忌・三周忌など、法要時期を目安に遺品整理をするのがお勧めです。遺族の方にとっても仕事・子育て・介護など、日々忙しくしていたり、遠方住まいだったりすると、頻繁に集まることはできませんよね。なので、遺族の方が集まる機会のある法要の場で、遺品整理を行うのが手間無くスムーズです。考えを聞きながら相談して形見分けできるので、トラブル回避にもなります。

 

・葬儀後の手続きに合わせる

故人の身の回りの手続きが済んだ時期もお勧めです。お葬式後と言うのは、銀行・保険・行政関係の手続きが多く、期限までに行う手続きもあり、遺品整理が後回しになってしまうとはよくあります。なので、優先するものが片付いた後、落ち着いて整理を始めましょう。

 

・遺族の気持ちの整理に合わせる

遺族の気持ちが落ち着いてから、整理することもできます。気持ちの切り替えができてからにしたり、故人遺志を尊重したり、今までの思い出を振り返った後、丁寧に遺品整理をする方法も一つです。

 

最も確実な遺品整理方法について

遺品・不用品整理専門業者に依頼する場合

遺品整理サービスを利用する方法もあります。遺品整理サービスは、リサイクルショップ・引っ越しなどが行うサービスとは異なり、専門的に行うサービスもあります。具体的なサービス内容は企業で異なりますが、供養なども行っています。

孤独死・孤立死の対処方法に関しても、柔軟に対応しています。孤独死・孤立死など、昨今は独居世帯も多くなっています。なので、遺体の発見が遅れてしまうことも実際に起こっています。特に、賃貸物件での孤独死や孤立死も挙げられ、長期間発見されない場合、遺体腐敗で部屋が汚れてしまったり、異臭が残ってしまったり、色々とトラブルもあります。このような場合には、遺品整理をはじめ部屋の原状復帰なども必要になるので、部屋の現状復帰まで対応します。

遺品整理の料金相場について

遺品整理では、間取り・荷物量・種類など、これらの要素で料金は異なります。1ルーム作業員2名で約3万~8万円程度が目安で、4LDK以上では約20万円以上は見ておくようにしましょう。部屋が狭くても荷物が多いと料金は高くなり、また、様々なオプション項目があるので、見積りで確認して下さい。

足立区で業者依頼が支持される理由について

自分で作業をする時間がなくても大丈夫

簡単に思われがちな遺品整理作業ですが、日用品をどこまで処分していいか迷ったり、必要書類か不要書類かの判断に時間を要したり、色々と大変なことがあります。少しずつ作業を進めていっても、毎回、毎週末を片付け時間に費やすこと精神的ストレスに繋がります。そのような相談から、整理方法や手順を熟知しているプロに業者依頼する方は多いです。

・遺品を誤って処分することがない

不用品として一気に片付けてしまうこともできますが、故人の想い出の品、形見、アクセサリー、遺言書、土地の権利書など、色々な遺品がありますよね。そういったものを、誤って処分してしまっては、後々困ってしまうことにもなりかねません。故人も生前に遺族に知らせないまま逝去されたり、探しても見つからなかったりする状況も多いです。そこで、経験豊富なプロに任せることで、遺品整理でよくあるパターンを元に、遺品を見つけ出すことができます。

・大型家財も丁寧に運搬

家具や家電などの中には1人で運び出すことが困難なものもあるでしょう。例えば、高齢の方や女性の方であれば、重量のある家具の移動は難しいものです。しかし、業者に依頼すれば、大きな荷物も丁寧に運搬してもらうことができ、また、遺品捜索などもスピーディーに行えます。

業者の選び方のポイントについて

最近では、リサイクルショップ・買い取り店・廃品回収店・引っ越し業者などでも、遺品整理サービスを行っている所もあります。しかし、専門知識が無い状態で処分されたり整理されたり、それは遺族の方にとっても不安や不快感にも繋がります。また、大切な遺品を処分される・雑に扱われる・盗まれるなど、トラブルになる可能性もあります。その点、遺品整理を専門に行っている業者であれば、知識・経験でも遺族にしっかり配慮した対応で作業を進めていくことができます。故人の思い出や遺族の気持ちに寄り添いながら行うので、後悔せずに整理を行え、納得できる供養にも繋がり、処分判断に迷う場合にもアドバイスしがもらえるなど、色々なメリットがあります。

 

最後に

初めての遺品整理では、一体どうすれば良いか分からないことも多いですよね。さくら清掃では、そのような方の相談もしっかり受け付けています。遺品整理の料金、流れ、業者選びのポイントなど、気軽に何でも相談下さい。経験豊富な専門スタッフがしっかりと依頼者を丁寧にサポートするので、安心して作業を任せることができます。遺品整理・生前整理はもちろん、依頼者の要望に沿って、不用品整理・ハウスクリーニング・供養サービスなども行ったり、紹介をしたりできますので、是非、気軽に相談ください。