埼玉で終活する 終活の基礎知識を知ろう

2020/08/25 ブログ
logo

現在、新たに終活を始める人は急速に増加しています。では、一体、終活に取り組むと言うことは、どういうことなのでしょうか?ここでは、終活の基礎知識を解説します。是非、皆さんの終活に役立てて下さい。

終活する人が増えている理由は?

終活する人が増えている要因には、一人暮らし高齢者が現代では増加していることが関係しています。その理由には、子供と同居している世帯が減少していること、未婚や離婚の人が珍しくない世の中になったこと等、様々な要因が自然と一人暮らし高齢者の増加へ繋がっていると言えます。一人暮らし高齢者の日常生活では、色々な不安要素が募るものでもあります。例えば、頼れる人がいない病気などの健康不安・老化でできないことが増える・老後の資金不足・防犯対策などが挙げられます。こうした生活に対する不安と言うのが、一人暮らし高齢者を終活へと向かわせている要因になっていると言えます。

一人暮らしの場合、自分の最後も自分で決める必要があります。そしいて、その延長として自分の納得いく葬式や墓を希望し、相続に関しても自分の希望を通したいと思うようになってきたことも要因の一つになっています。昔は、親の面倒を子供が見ることが当たり前であり、葬式のやり方や形式なども決まっていたものです。ですが、現代では自分の意思を伝えて自分が納得できる最後を迎える、そんな人が増えていることも特徴に挙げられます。

終活はいったい誰が行う?

そもそも終活と言うのは、自分の最期時に向かい、もっと自己主張しても良と言う、新しい価値観の提唱から始まっています。なので、自分らしく最後まで生きることが、終活を始めるスタートと言えます。そうして、自分らしく輝いて最後まで生きることが終活の第一歩であり、それは本人の為でもあって、また、家族や友人の為になっているのです。

 

終活は誰に対して行う?

終活と言うのは、自分の人生を全うして、残される家族の為に行うものです。自分の老後について考えている方であれば、終活を思い立ったその日から始めてみましょう。また現在、両親や義理の両親の介護を行っている方の場合、残りの時間をしっかり充実させていく為にも、終活を勧めてみるのも良いでしょう。自分が最後まで自分らしく生きていく為には、いつかは訪れるであろう死から目を背けずに、今生きている時間の中で上手く使い方を考えることが大切です。

終活は具体的に何を行うのか?

終活と言うのは、人生の終わりの為の活動を略した言葉です。具体的に挙げると、介護に関すること、保険について、お墓や葬儀など、様々な準備や財産相続をスムーズに進める為に必要な計画です。このような事柄を計画して行動することによって、遺された家族の負担や家族間でのトラブルなどの回避に繋がります。さらに、自分自身を見つめ直し今まで以上に自分らしく生きること、これができるようになる良い効果もあります。このように終活は、残された時間を限りなく健やで快適に過ごす為に、また、残された家族の為にも重要な作業と言えます。

 

どうして終活を行うのか?

昔は、家族や地域との繋がりも強かったので、周囲に任せておいても安心して暮らすことができていました。しかし、現代では昔のような暮らしはできません。なので、自分が望む最期を迎える為にも終活の知識を付けて、自分でどう終活していくかの選択をすることが必要です。そこで、終活が注目されており、自分の希望や要望を事前に決定し、家族や友人に伝えておく行いが一般的になってきています。

 

終活をサポートしてくれる所とは?

終活サポートと言うのは、死後のことに関して自分で決定したり、万が一に備えて誰に連絡するか伝えたり、対象者を多方面からサポートすることができます。昨今、エンディングノートを配布する自治体も増えており、終活の一部として活用する人は増加傾向です。終活サポートの目的には、ひとり暮らし高齢者の孤独死を防止して、終末期の人生を有意義に過ごすことが挙げられます。自治体負担が大きい孤独死は深刻な問題でもあるので、包括的サービスの一面がある終活サポートでは、地域の人が終活について考える機会にも繋がります。

具体的に終活はいつから行うのか?

終活を始めるタイミングは、人それぞれ異なります。何となく、終活やエンディングノートに興味・関心持った際には、その時が終活に取り組むきっかけになり、自分にとって優先順位の高いことから始めるのがお勧めです。全てを一度に行うことは難しいので、一つ一つ丁寧に進めいくことがポイントです。

一般的には、退職や還暦などの人生の節目に興味・関心を持ち始めることが多いです。また、万一の段取りについて準備することを促される場合もあります。一方、必要に迫られて終活を始める人もおり、例えば、病気で余命告知を受けたケースが挙げられます。いずれにしても、気力・体力・判断力が充実している中で終活をスタートするのが理想的です。情報収集もしっかり行い、考えて選択して準備を行いましょう。そう考えると、自分の中で「そろそろ終活かな?」と思った時が終活をスタートのベストタイミングになります

どのように終活を行うのか?

終活と言うのは、自分の人生を全うし、残される家族のために行うとても大切なものです。また、最後まで自分らしく生きる為にも、限りある時間の有効活用を考える良い機会になります。エンディングノートなどを自分で購入する必要はありません。まずは、ただのノートに本人意思を書き出すのがお勧めです。こうして、リストに書き出すとこにより、自分で意識していなかったことに築く気付くことができます。「どうすべきか」「どうしたいのか」など、内容が明らかになることでしょう。なのえで、ぜひ思い立った日から終活を始めるのがお勧めします。