埼玉県 ゴミ屋敷遺品整理作業紹介②

2022/03/30 ブログ
logo

皆様、こんにちは。さくら清掃でございます。

前回、ゴミ屋敷の清掃作業の一部をご紹介させて頂きましたが、今回はその続編となります。

玄関の片付けは終わりましたが、部屋の中はまだまだゴミが残っていました。うずたかく積み上げられたゴミも、ひたすらに分別してゴミを減らしていくしかありません。

 

こちらはキッチンの様子です。やはりゴミで埋まっており、こちらもひたすらにゴミを分別していくしかありません。

今回は依頼者の方より、全てゴミとして処分してかまいません、という依頼でお受けしたため、全て残置物として処分をしましたが、それでも相当な量となりました。単純な可燃、不燃だけでなく、雑誌や新聞などの紙ごみ類、空き缶などの資源ごみもはじめ、ひたすらにゴミを選別し、少しづつ室内のものを減らしていく、そのような作業になりました。
こういった作業をご家族の方がやるとなると、どうしてもものすごい時間もかかりますし、何よりも大変です。

やはり、ある程度のコストは覚悟の上で、プロに依頼をしてしまうのが一番でしょう。

さくら清掃では少しでもお客様にかかるコストを抑えられるように努力してまいりますので、皆様も是非ご用命ください。